メンテナンスの方法を知ろう

調理器具をメンテナンスして長く使う

>

メンテナンスが必要なまな板

木のまな板を使っている人

木のまな板を使う前に、水で濡らすのがおすすめの方法です。
すると汚れが付きにくくなるので、メンテナンスが楽になります。
また汚れを放置すると落としにくくなるので、使ったらすぐ洗ってください。
タワシで擦っても大丈夫です。
この時は、水を使いましょう。
温かいお湯では、熱によって汚れが固まる可能性があります。
汚れが固まると、落とせなくなるので冷たい水で洗いましょう。
水洗いだけでも、ほとんどの汚れを落とすことができます。

どうしても汚れや、臭いを落とせない時だけ洗剤を使いましょう。
木のまな板は基本的に、食器洗い機に入れて洗うことはできません。
無理に食器洗い機で木のまな板を洗うと、傷が付いてすぐに使えなくなります。

ちゃんと乾かそう

洗った後は、しっかりと乾かしてください。
普段は、戸棚にまな板をしまっている人が多いでしょう。
ですが濡れたまましまうと、カビが発生する原因になります。
どのような素材のまな板でも、カビが発生しやすいので気を付けてください。
風邪と通しの良いところに、まな板を乾かしておきましょう。
地面に置くより、どこかに吊るした方が乾きやすいです。

また木のまな板であっても、熱に強いタイプがあります。
それなら食器洗い機に入れられるので、メンテナンスが非常に楽になります。
食器洗い機を使っている人は、耐熱温度を確認してください。
耐熱温度が170度ぐらいになっている木のまな板であれば、食器洗い機でも大丈夫です。
しっかり確認しましょう。


このTOPICSをシェアする