メンテナンスの方法を知ろう

調理器具をメンテナンスして長く使う

>

フライパンの素材を把握する

フッ素が使われたフライパンのメンテナンス

焦げ目がつきにくい部分をメリットに感じて、フッ素が使われたフライパンを愛用している人がいるでしょう。
ですがその効果は、残念ながら永遠には続きません。
フッ素が剥げてしまうと、焦げ付きやすくなります。
するとおいしい料理を、作れなくなってしまうでしょう。

フッ素が剥がれないように、優しく洗うことを意識してください。
金属タワシなどは、絶対に使ってはいけません。
柔らかいスポンジで軽く擦る程度なら、フッ素が剥がれる心配はありません。
またフライパンが汚れたら、すぐに洗うことをおすすめします。
汚れを放置するとこびり付いて、落とせなくなってしまいます。
料理をしている時に汚れたら、キッチンペーパーで拭くと良いですね。

鉄のフライパンの場合

素材に鉄が使われたフライパンがあります。
丈夫なので、タワシで擦っても傷つくことはありません。
ですが洗剤を使うのはあまり良くないと言われているので、水洗いを意識してください。
洗った後に水分が残っていると、悪くなってしまいます。
乾いたふきんで拭き取るだけでは、全ての水分を吸収することはできないかもしれません。

洗った後は、火にかけてください。
すると水分を全て飛ばせるので、鉄のフライパンが長持ちします。
洗剤は使わなくても、綺麗に汚れが落ちるのがフライパンのメリットです。
ですが臭いは、水だけでは落とせないことがあります。
どうしても臭いが気になった時だけ、洗剤を使ってください。
特に魚を焼いた後は、生臭さが残りやすいです。


このTOPICSをシェアする