メンテナンスの方法を知ろう

調理器具をメンテナンスして長く使う

>

お気に入りの調理器具を守る

汚れたら拭くことを意識する

ステンレスの包丁は、汚れにくいと言われています。
ですが長年使っていると、汚れることが考えられるので定期的に拭いてください。
酸の強い食材や、塩分の多い食材を切った時は包丁がサビやすいので気を付けましょう。
サビても、クレンザーと使うと汚れを洗い落とせます。
洗った後は、タオルで拭いて水気を取ってください。
水分が残っていると、サビの原因になります。

食材を切る時は、あまり力を入れないでください。
力を入れて無理やり切ると、包丁が傷付きます。
まな板に触れることが原因で、刃こぼれが起こることもあります。
優しく扱うことで、切れ味の良い状態を長く維持できるでしょう。
メンテナンスも大事ですが、日頃の使い方も意識してください。

包丁を研ぐ方法を知る

正しい包丁の研ぎ方を知っておきましょう。
すると切れ味が悪くなった時に、すぐ実行できます。
台の上に砥石を置いただけでは、滑って上手く研げないかもしれません。
タオルなどを敷くことで、砥石が安定します。
砥石が乾くと、上手く研げません。
定期的に水を掛けて、水分を維持してください。
包丁の表だけでなく、裏も忘れずに研ぎましょう。

最後に包丁を洗って、タオルで水分を吸収したら終了です。
ですが砥石で研ぐのは、少し怖いと感じる人がいるでしょう。
砥石を使わなくても簡単に包丁を研げる道具が販売されているので、探してください。
簡単にできる道具を購入すれば、包丁を研ぐことが楽しくなります。
自分に合う道具を見つけて、メンテナンスに使いましょう。


このTOPICSをシェアする